富裕層向け海外不動産のVR視察サービスを開始

海外不動産検索サイトなどを運営する株式会社ビヨンドボーダーズが開始した、日本にいる富裕層を対象に海外不動産をVR(バーチャル・リアリティ)で視察できる「VR視察サービス」を開始した。
同サービスは、VRゴーグルで観るもので、現地に行ったかのような感覚で不動産を選ぶことがとても好評だ。現在は同社の不動産投資関連のセミナーの参加者が対象だが、今後は対応する国や物件を増やしていく予定。

記事元(HEDGE GUIDE)はこちらから

関連記事


ページ上部へ戻る