東急不動産インドネシアで4件目の都市型開発事業

写真:©東急不動産株式会社
東急不動産はインドネシアに設立したプロジェクト会社「PT.TPB Development Indonesia」を通じ、住友商事株式会社のインドネシアにおける子会社である「PT.Summit Residential Indonesia」、および現地パートナー会社 PT.Jakarta Setiabudi Internasional Tbk の子会社である「PT.Copylas Indonesia」との3社共同でインドネシアの首都ジャカルタで大型分譲マンション開発事業「プリボタニカル プロジェクト」を推進することとなった。

建設予定地はジャカルタ中心部から南西方向に約10キロメートルにある西ジャカルタに立地しており、プリボタニカルエリアの一角に位置し外環状高速道路の出入口に面し、スカルノ・ハッタ国際空港からも約14キロメートルという交通利便性の高さが特徴です。将来、商業施設の開業やLRTの開発などが計画されている。

地下3階、地上34階建ての2棟の高層分譲マンションを建築する計画で2019年の着工、2021年の竣工・引渡しを予定している。東急グループの「BRANZ SIMATUPANG」、「BRANZ BSD」、「メガクニンガンプロジェクト」に次ぐ4物件目となる都市型開発事業だ。

日本の高い建設技術を用いた高層分譲マンションで、現地の富裕層の需要を取り込みたい考えだ。

ルート・アンド・パートナーズでは海外不動産情報の他、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事


ページ上部へ戻る