カナダ国内の不動産販売予測

カナダ国内住宅平均価格と販売予測

2018 年全国平均価格は1.4%減の50万3,100ドル(約4,276万3,500円)となると予測される。2017年初頭にトロント周辺(オンタリオ州)の富裕層向け高額住宅販売数が過去最高を記録し、2018 年に再び記録を更新する見込みが薄いことがあげられる。2018年の平均価格は、ブリティッシュ・コロンビア州では現状維持、オンタリオ州では2.2%の減少が予測されている。2017年12月住宅ローンへの規制が強化されたことで、2018 年は国内販売数が 2017年から5.3%減、取引数で2万 7,000 件減少し、48万6,600戸と予測され、その減少の大部分がオンタリオの影響である。同州では、過熱する住宅市場を鎮静化させる目的で2017年 4月に発表された「フェア・ハウジング・プラン」(州公平住宅計画)の影響により、春夏を通し販売数が大幅に抑制された。

オンタリオ州不動産予測

オンタリオ州不動産委員会及び協会のMLS®システムを通じて報告された州内の住宅販売数は、2016 年11月に更新された最高記録から8.8%減だった。減少はしたものの、これは11月の販売としては2016 年に次ぐ高い数値である。カナダ全体でみると、2017年11月の住宅販売数は、前年水準から2.6%上昇している。一方、2017年のオンタリオ州における住宅平均価格は58万8,005ドル(約4,998万425円)で、2016 年の平均価格より9.9%上昇した。オンタリオ州不動産委員会のMLS®システムにおける11月の新規物件登録数は2万5,339戸を数え、1年前より19%も増加した。

カナダの住宅着工の全国的傾向は2008 年以降、高い水準を保ち続けている。2017年の都市部での集合住宅着工数は前年より6.2%増加している。

出典:Trans Global Partners

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層の不動産マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事


ページ上部へ戻る