北朝鮮の不動産市場が活況

朝鮮半島の緊張関係が緩和されたことを受けて、北朝鮮の不動産市場が勢いづいている。北朝鮮では本来、住宅は国から与えられるものであり売買は禁じられている。しかし、不動産価格は高騰しているのだそうだ。

中国の不動産サイト「有路」で収集した情報を元に、北朝鮮のマンション価格を調査・分析した結果によると、首都・平壌での不動産の取り引きは中国人民元や米ドルで行われているケースが多いという。平壌市内の中心部のマンションは1平方メートルあたり5000元(約8万5000円)から8000元(約13万6000円)で取引されている。一方で、高級別荘は1平方メートルあたり8000米ドル(約88万5000円)に達しており、価格差が非常に激しいことがわかる。

中国と川を隔てて隣接している丹東は、中朝首脳会談が行われた今年4月から高騰を始め、丹東郊外は1平方メートルあたり4000元(約6万8000円)が、6000元(約10万2000円)にまで値上がりしている。一方、平壌郊外の南浦では、高級マンションの供給不足により高値での取引となっている。また核実験場に比較的近い東海岸のエリアは1000元(約1万7000円)と他の都市と比べてかなり安い。

しかしこのマンションは北朝鮮の一般的な市民が購入できる金額ではないし、富裕層や北朝鮮のエリートにとっても厳しい価格だ。さらに外国人は購入することはできないとなると、一体誰のためのものなのだろうか。

本来は古い物件の住民が、買い替える住宅として建てられたはずだったのだが、北朝鮮のエリートの中では、いつか国への貢献からプレゼントとして与えられるのではないかと買うのを思いとどまっている人も多いという。北朝鮮の市民にとって買うには高すぎるこの物件が市場価値を高めていくには、本格的な改革開放なくしてはあり得ないのかもしれない。

参照:DailyNK

ルート・アンド・パートナーズでは海外不動産情報をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事


ページ上部へ戻る